【スマホ開発で活躍!】リバレーションチャンバーって!?

【実反射環境】測定に必要な環境を作り出す機器

リバレーションチャンバーっていう言葉を聞いたことありますか?なかなか聞き慣れない言葉なので、はじめて聞いたって言う人も多いと思います。最近ではスマートフォンの開発などに用いられるもので、開発の段階でアンテナの性能などを調べる実験環境を作り出すことが出来るようにする機器のことです。アンテナの性能を調べるには「実反射環境」というものを用意して、実際にスマートフォンが使われる環境を生み出す必要があります。そしてこのリバレーションチャンバーと無線機用テスターというものと合わせて使うことによってアンテナの性能を測定できます。

【リバレーションチャンバー】様々な事を測定できる!

リバレーションチャンバーは実反射環境を作り出して、様々な事柄について測定することが出来ます。スマートフォンなどの無線情報端末はすでに一般化して巷にあふれています。無線の開発の段階では不具合などが起こらないように色々な角度で実験を行う必要性があるんです。無線の総放射電力とか双方向性無線感度、スループットといってネットワーク機器が単位時間あたりに処理できるデータ量など様々な側面から実験を繰り返し私達が便利に使えるように開発されているということです。すごくありがたいことですね。

【小型化・低価格】リバレーションチャンバーの普及

リバレーションチャンバーが作り出す「実反射環境」というものは、ひと昔前ならとても大掛かりで巨大な機器を使わなければ作り出すことが出来ないものでした。でも現在ではリバレーションチャンバーの小型化が進み、価格も手頃になってきたんです。今までは大企業だけが使っていたものですが、中小企業などの規模のそれほど大きくない企業でも普及するようになってきました。これによって様々な実験が行える場所が増えて私達が便利に使える様々な製品が多く作られるのではないでしょうか?すごく楽しみなことですね。

リバブレーションチャンバーとは、長時間の反響を可能にした空間のことで、電波の反射を調べるためなどの用途で使用されます。