これはいいね!太陽光発電で得をする仕組み

売電することで副収入になる

太陽光発電は、自宅の屋根や空いている土地に設置することで、電気を作ることができるシステムです。家庭で使う電気を賄えるため、光熱費の削減になりますし、余った電気は電力会社に売ることで、ちょっとした副収入になりますよ。このように電気を売ることを売電と呼びますが、電力会社と売電契約を結んだ後、10年間は買取単価が保証されます。そのため仮に翌年、1kWh当たりの単価が下がったとしても、売電単価は契約時と同じです。

太陽光発電はリスクの少ない投資

太陽光発電で心配な点は、やはり季節や天候によって、発電量が変わるということではないでしょうか。確かに太陽光発電は太陽の光から電気を作っていますので、曇りや雨の日には発電量が落ちます。太陽の出ていない夜には、当然発電しません。しかし年間を通してみると、毎年一定量の売電が見込めます。しかも太陽光発電は一度設置すれば、メンテナンスも簡単で、燃料代も掛かりません。長期で見るとリスクの少ない投資と言えるでしょう。

太陽光発電の設置費用は?

次に心配されるのは、太陽光発電を設置する際の費用でしょう。しかしここ数年、ソーラーパネルも進化していますし、業者によっては初期費用なしで設置することも可能です。それは売電して得られた収入を、分割支払いにした設備費用に充てていくという方法です。この方法では、ある一定期間の支払いを終了すれば、後は売電収入の全てが利益になります。ただ、屋根の形状によって、どの位の規模のパネルを載せられるかが決まります。パネルの大きさによって発電量が変わってきますので、契約前に発電量のシミュレーションをしてもらうと良いですね。

太陽光発電投資の取り組み方に目を向けることで、自然に優しいエネルギーのメリットをきちんと把握することが可能です。