本当にオトクなの?LED照明のメリット・デメリット

そもそもLED照明とは?

LED照明とは発光ダイオード(LED)を使用した照明器具のことです。その中でも、今まで主流だった白熱電球のソケットにそのまま装着できるものを指します。LED照明は一般的に、従来の白熱電球に比べると高額です。しかし、LED照明の最大の武器は白熱電球に比べて消費電力を大幅に削減できることです。そして、白熱電球に比べて寿命が長いことも特徴です。そんなわけで、白熱電球からLED照明に切り替える方が増えているのです。

必見!LED照明のメリットは?

先ほども書きましたが、LED照明はとにかくその消費電力が少ないです。同じ明るさの白熱電球の約5分の1の消費電力で使用することが出来ます。つまり電気代も5分の1になります。また、寿命も長く白熱電球の約40倍です。こうなると、電気代を考えるまでもなく電球購入費だけでも元が取れることになります。さらに、LED照明の寿命とは明るさが最初の70%くらいになった時の事を言います。つまり、白熱電球のように寿命が来たら突然切れてしまうわけではないので、この点もメリットと言えるでしょう。

注意!LED照明のデメリットは?

今まで申した通り、LED照明はメリットが満載です。その一方で注意した方が良い点もあります。まず、LED照明は白熱電球に比べてかなり重量が重いです。これは、LED照明の精巧な作り故、シンプルな作りの白熱電球に比べるとどうしても重くなってしまうのです。また、電球1つで照らすことが出来る幅が狭いことも指摘されています。しかし現在は、メーカーの技術力と努力によってデメリットはかなり改善されています。重量に関しては素材を工夫して軽量化を実現していますし、幅についても電球に反射板を取り付けるなどの工夫で白熱電球と変わらない幅を作り出しています。これからも改善され続けていくと思われるので、電球の切り替えを悩んでいる方はぜひLED照明を選択してみてはいかがでしょうか。

LEDライトパネルの場合、消費電力の少なさに定評があり、長時間の使用でも蛍光灯タイプと比べて電気料金を削減できます。